フランス刺繍と淑女のサロン



フランス刺繍   アフタヌーンティー   淑女のサロン



子どものための絵本とは思えない美しさ
フラワーフェアリー


フラワーフェアリーのティーコゼー







これまで たくさんの種類のティーコゼーを作ってきましたが


美しい花模様や
アフタヌーンティーに関する模様のものが多く

わたしにとっては
どのティーコゼーも 大切なものなのです



でも
フラワーフェアリーのティーコゼーは
今までのティーコゼーとは ちょっと違っています



この生地を はじめて知ったとき
妖精よりも まず
美しい花々に目がいってしまいました


このように美しいお花の生地を
今まで見たことがなかったのです


正直なところ
妖精には ほとんど興味はなく
花を中心にしたティーコゼーを作ろうと思い
2種類の生地を選びました



フラワーフェアリーとは


フラワーフェアリーは
日本では「花の妖精」シリーズと呼ばれています



ウィキペディアより

イギリスの挿し絵画家の
シシリー・メアリー・バーカー(1895-1973)によって書かれた
独特の妖精詩画集がフラワーフェアリーなのです


妖精たちは
花びらのような衣装を着て
ちょうちょやトンボのような羽をつけているのが特徴です




ウィキペディアより


シシリーは
お花の絵を書くときに できるだけ正確に描き
まるで ボタニカルアートのようなのです


妖精シリーズには

シシリー・メアリー・バーカー 『花の妖精たち 春』
シシリー・メアリー・バーカー 『花の妖精たち 夏』
シシリー・メアリー・バーカー 『花の妖精たち 秋』
シシリー・メアリー・バーカー 『花の妖精たち 冬』
シシリー・メアリー・バーカー 『花の妖精たち アルファベット』
シシリー・メアリー・バーカー 『花の妖精たち 木』
シシリー・メアリー・バーカー 『花の妖精たち 庭』
シシリー・メアリー・バーカー 『花の妖精たち 道ばた』

ウィキペディアより


8冊の本があります




フラワーフェアリーで作るティーコゼー






子どものために描かれた絵としては
あまりに美しすぎるフラワーフェアリーの生地は

裁断するのが こわかったです


できるだけお花を中心にしたかったのですが

どこにはさみを入れても
妖精が 入ってきます


興味がないとは言っても
妖精の胴や顔を切るわけにもいきませんから
かなり慎重に
裁断をしました


フラワーフェアリーの生地は2種類


ピンクは
てっせんやスイトピー


ブルーは
夜露の降りた草むらで
踊り楽しむ妖精たち


フラワーフェアリーの生地で

お昼間のティーコゼー






夜のティーコゼー

ふたつを作りました


夜のフラワーフェアリーは

生地が余ったので

ティーマットも
ギリギリ作ることができました


今では
どこを探しても売っていない
フラワーフェアリーで作った
ティーコゼー

いつまでも

大切に使おうと思います









アフタヌーンティータイムトップへ



Copyright(c) K All Rights Reserved