ダイエット絶対成功方法 ティーコジー フローラルリネン


         Open Now




Froral linen フローラルリネン 最新記事



2018・2・21
フランス刺繍のページを リニューアルいたしました
16ページもあった 無駄なページをまとめて
2ページにまとめました。
フランス刺繍トップページ



2018・2・20
平均的なお値段で
全国どこでも通える 安心のパーソナルジム
24/7ワークアウト安くも高くもない ちょうど平均的なお値段でダイエット!! 

2018・2・7
フローラルリネンで
たったひとつおすすめできる痩身エステサロン
上手に利用すれば
5万円以内で 気になるセルライトもすっきり!
【痩身エステ】キレイサローネだけは 絶対行ってもいいよ!な理由

2018・2・5
エクスリムは 2か月のトレーニングに
おまけがついてくるのです

エクスリムでダイエット!4か月のおまけ付き!でもってリバウンドしないとくれば……



人気記事

ダイエットで超重要なタンパク質!実は意外と摂取できていない! 

やっぱりライザップは人気です

都内限定ですがリュボーヴィも人気です









淑女のダイエットサロン
Lady's salon






Lady's Diet salon
女性のためのダイエット絶対成功サロン


ダイエットは女性にとっての永遠の課題です。
せめて
あと1キロでいいから痩せてくれたらなぁ……。


今まで 何度もダイエットに失敗してきた方は
おそらく
なにがダメだったのかが わかっていることでしょう。


でも
ダイエットには
ものすごく大きな決断や
やる気が必要になります。


それでも
絶対にダイエットは成功します!!

一番大切なことは
なりたい自分をいつも思い描くことです。


そして
今まで失敗してきたダイエット方法を克服すれば
必ず痩せることができます。


でも わたしは意志が弱いから
食べちゃダメって言ったって 食べちゃうし

筋トレしなくちゃいけないってわかっているけど
家で ごろごろしちゃうし……

自己嫌悪は
ダイエットには 必ずついてきます。

自己流では なかかな成功できないダイエットでも
半強制的であれば
やらざるを得なくなります。

今では ライザップをはじめとする
ダイエットの家庭教師(パーソナルトレーナー)をつけることが
ダイエットの一番の近道と言われています。

ここで
婚活に励んでいる方にとって 情報です。

男性は まず
女性の容姿を見るそうです。

これは
わたしたちだって お相手の顔を重視するのですから
お互い様でしょう。

そして 男性がその次に見るのが
スタイルなんだそうです。

だから
わたしたちは
できるだけ 自分自身をきれいな状態にしなくちゃならないのです。

顔かたちは 生まれ持ったものがあるので
愛嬌(あいきょう)でなんとかなります。

ただ
スタイルは 努力次第で
どうにでもなるものです。

確かに
身長や手足のバランスは 生まれ持ったものなので
どうにもなりませんが
モデルになるわけでなければ
長い手足は必要ありません。

引き締まった体であれば
必ず スタイルは良くなります。

若い女性は 脱毛よりも
ダイエットのほうが 大切ではないでしょうか。



また
40代になると
わたしたちには 更年期がやってきます。

更年期に入ると
女性ホルモンのバランスがくずれるので
体の脂肪が 取れにくくなってきます。

体重が増えると 見た目よりも
内臓脂肪の増加による危険や
ひざや腰に 大きな負担がかかってきます。


中年になると
スタイルだけではなく
健康のためにも
ダイエットに絶対成功しなければ
後半の人生に 大きくかかわってきてしまいます。



もともと
女性は 男性の20分の1しか
筋肉を作るホルモンがありません。


若くても 中年の世代になっても
わたしたち女性は いろいろな意味で
ダイエットが必要になってきます。

淑女のダイエットサロンでは
あらゆる世代の女性に対して
ダイエット絶対成功方法や恋の悩みなどの情報を
お伝えしてまいります。




Afternoon tea time
アフタヌーンティータイム



夕暮れ前
西の空が ほんの少し明るくなる頃

ひとりで楽しむお茶の時間は
至福の時。

午後に
お友達と楽しむ紅茶も
楽しい時になります。

紅茶といえば
ティーコジーが欠かせません。

ティーコジーは
お茶帽子とも呼ばれています。

ティーポットに ポンとかぶせておくだけで
数時間保温ができて
テーブルにも 大きな存在感を出すことができます。

こちらでは
ハンドメイドのティーコジーを
ご紹介しています。




Embroidery
フランス刺繍




小さい頃から
刺繍をする母親を見ていました。

一番幼い頃の思い出は
幼稚園の運動会の洋服です。

母が作ってくれた 洋服の両胸には
刺繍がしてありました。

20歳を過ぎた頃
それまで 針を1度も持ったことのないわたしが
母の真似をして
刺繍教室に通うようになりました。



それから
どれほどの月日が経ったことでしょう。



家には もう 母の姿はありません。



それでも、母と私の刺繍の作品は
たくさん残っています




ー淑女のサロンー


トップ
 ダイエットサロン
 本命彼女の法則
 
最高にすてきな女性になるために
 断舎離とミニマリストのはざまで……

ーフランス刺繍ー


トップ 
 ルサージュ
 家庭画報大賞

ーアフタヌーンティータイムー

トップ
 ブログ 清楚なアフタヌーンティータイム

ーその他ー

ひなまつり





Copyright(c) K All Rights Reserved